ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD

ハイヤーとタクシーの仕事内容や給料の違い、勤務実態を徹底比較!ドライバー必見のゴルフ場運転手控室情報や空港・ホテル・主要施設の車寄せのアクセスも動画付で詳しく解説!

タクシー研修

初めてのタクシー乗務の日

更新日:

念願の初乗務

2017年10月26日の入社以来、2か月の研修期間が過ぎました。

そしていよいよ12月30日、タクシー初乗務の日がやってまりました。

班長からは「年末で道も空いてるから走りやすいし、初乗務にはちょうどいいだろう」というあまり期待していない感じのお言葉を頂き、逆に気が楽になりました。

初乗務の時は、日勤で朝7時出庫、初日だから15時頃には帰庫しろとの指示。

で、午前中だけ班長が助手席に同乗してくださいます。

タクシー会社に新卒!?

同乗して下さったK班長は、新卒で入社しタクシー3年目。

「タクシーの仕事が面白くて」とおっしゃる25歳です。

クルマの点検をして、ETCカードを差し、乗務員証をセットし、非常灯の確認をし、売上目標をセットしていざ出庫します。

本日の売上目標は20,000円です。

ちなみにベテランさんの日勤時の目標は30,000~40,000円、朝までの隔日勤務だと50,000~80,000円に設定している方々が多いようです。

緊張するかと思ってましたが、となりにK班長が乗っているせいか不思議と緊張感はなく、どちらかというとワクワク感の方が上回っておりました。

K班長は日勤(朝7時出庫)の時は、第一京浜を上ることが多いということなのでその通りに行きます。

12/30、クルマも少ないがお客さんも少ない

が・・・12/30ということもあり、世間は仕事納めも終わっており品川駅まで手は挙がりませんでした。

K班長曰く、平日この時間に品川まで走れば、手が挙がらない(お客さんを乗せられない)ことはないそうです。

気持ちを切り替えて、品川駅の前を左折してざくろ坂を登り、高輪警察署の前を通り「伊皿子」を左折して桜田通りに出ますが年末のせいか全然手が挙がりません。

初のお客さん、売り上げは710円

麻布通りから「新一ノ橋」を左折...しばらく走って人生初のお客様は、麻布商店街で20代位の朝まで飲んでた系の酔った女性でした。

行先は「乃木坂」。

商店街から319に出て、芋洗坂を登って、外苑東通りを進んで乃木坂まで、初売上は710円でした。

その後明治通りで広尾駅までの女性、テレ朝通りで渋谷までの30代位の男性、魚籃坂下から白金台までの白金マダム・・・

ここで11時前になったので班長を降ろしに一度営業所に戻りました。

羽田空港送り

昼食をとってひと休みし、午後はひとりなので無我夢中で麻布あたりをグルグルしていると、一ノ橋あたりでダンディな紳士と銀座か六本木のおねーさん風のカップルの手が挙がりました。

スーツケースを持っていたので「東京駅かな?」と思いながらクルマを停め、トランクサービスをしていると「羽田空港まで」とのこと。

そういえばK班長も初乗務の日に羽田に行ったと言っておりました。

早速、芝公園ランプから首都高に乗り、芝浦JCTからレインボーブリッジ経由で空港中央ランプへ向かいます。

ANAに乗るとのことで、第2ターミナル出発ロビーへお送りしたところで15時を過ぎたので本日の乗務はこれで終わり!

回送なのに乗せちゃいました!

スーパーサインを「回送」にして営業所に向かって走っていると、あまりクルマの通らないような場所で杖をついたおじいちゃんの手が挙がりました。

あまりタクシーが通らないような場所だったので、気の毒になり少し通り過ぎちゃったのですが「回送」を「空車」に戻し、停車して乗せると「東京労災病院まで」とのこと・・・どこそれ?

聞いたことない病院だったので、ナビで行ってもいいかとお聞きすると「お任せします」とのことだったので、ナビ通りに進行し無事到着。

以上、初乗務初日の売上は目標の20,000円には届かなかったものの・・・17,610円でした。

羽田までの5,000円超えが大きかったかな・・・

スーツケース持っているお客さんを狙うってのはこういうことなんですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

GU

2017年10月にハイヤー会社に入社、翌2018年4月からハイヤードライバーとしてデビューたGUと申します。ブログを通じて、これからタクシーやハイヤードライバーを目指す方のお役に立てたら幸いです。 このブログを読んで下さった方が、素晴らしい会社と仕事に出会えますように・・・

Copyright© ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.