ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD

ハイヤーとタクシーの仕事内容や給料の違い、勤務実態を徹底比較!ドライバー必見のゴルフ場運転手控室情報や空港・ホテル・主要施設の車寄せのアクセスも動画付で詳しく解説!

給料と年収

ハイヤーに転職して1年が経過!|9月分の給料は?

更新日:

ハイヤーに転職して1年目、毎月の給料を公開しています。

9月分給料の支給額は37万円弱でした。

転職したハイヤーの1年目、今月の給料は?

支給額は37万なのですが、交通費約2万円が含まれていますので正味35万弱。

入社する前の想像では、年収500万くらい?だったので、ボーナス年間支給額50万円を足しても年収予想は約470万円。

予想より少し少ないですかね。

40代後半の平均年収は?

40代の東京都に住む男性平均年収は687万円だそうです。

平均と比べると40代のハイヤードライバーの年収はかなり少ないですね。

いや、でも埼玉県在住40代男性だと441万円なんですね。

埼玉県人だと平均くらいなんですね。

全国の40代平均年収はこちら(平均年収JP)

全国の平均年収

全国の平均をみるとだいたい400万円代半ばの県が多いのに対し、東京都だけが600万円代後半と突出しています。

乗り物の中で(1m移動単価が)一番高い乗り物と言われるハイヤーに乗る大企業のトップの人たちは、東京都に住んでる訳ですよね。

給料支給額を左右する残業と休出

9月の残業時間は約30時間、休出時間も偶然約30時間でした。

日にちでみると、残業がなかった(9時出勤で19時前に帰れた)日は6日でした。

自分は日勤なので、基本は土日休みで休出した日は4日でした。

自分はもう少し残業して支給額が40万超えてくれると嬉しいですね。

年収600万円以上を目指せるタクシー

タクシーに配属された同期は、毎月コンスタントに40~50万円近く稼いでいるそうです。

最高支給額は70万円を超えた月もあったそうです。

年収600万円は超えそうだと言っているので、やはりタクシーの方が確実にが稼げるようですね。

月に17~18日休み(明け番)があるので、趣味に没頭したい人達もタクシーを選んでいるようです。

収入面で600万円以上希望ならタクシー、500万貰えればOKという方ならハイヤーの選択もありますかね。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

GU

2017年10月にハイヤー会社に入社、翌2018年4月からハイヤードライバーとしてデビューたGUと申します。ブログを通じて、これからタクシーやハイヤードライバーを目指す方のお役に立てたら幸いです。 このブログを読んで下さった方が、素晴らしい会社と仕事に出会えますように・・・

Copyright© ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.