ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD

ハイヤーとタクシーの仕事内容や給料の違い、勤務実態を徹底比較!ドライバー必見のゴルフ場運転手控室情報や空港・ホテル・主要施設の車寄せのアクセスも動画付で詳しく解説!

給料と年収

ハイヤードライバーなら実働2~3時間で月給30万も可能な理由

更新日:

1時間でも残業が多いと嬉しい自分にはとても考えられない話ですが「年収にはこだわらないのでとにかく楽な仕事がしたい」という人はどの業界にもいます。

ハイヤーやタクシーのドライバーにも多いです。

子育てが終わった悠々自適の50~60代の社員が多いからかも知れません。

年収は低くてもいいから会社務めしたい人

1日の実働2~3時間で、月給30万、ボーナスを入れて年収400万以上貰える仕事...

そんな仕事あるのか?

ハイヤードライバーの全員が楽をしている訳ではありませんが、希望すればそういう仕事もあります。

ハイヤードライバーの一部には、メチャクチャ楽な仕事を担当している人がいます。

1日中待機、つまりクルマを運転しない(仕事をしない)日もあります。

もちろんメチャクチャ忙しい(稼いでいる)人もいます。

稼げなくてもいい人ってどんな人?

仕事をしなくても食べていけるけど、世間体を気にしていたり、社会保険に入りたいとか・・・

稼がなくてもいい人のタイプはだいたいこんな感じでしょうか。

①働かなくても食べて行ける不動産収入がある

②マスオさん状態で家賃も食費もかからない

③株で生計が立てられている

④余生まで十分に食べていける親からの遺産がある

などなど・・・

楽をしたい、ガムシャラに働きたくない・・・

でも家に居てもヒマだから・・・

ヒマ潰しに、のんびり働きたい・・・

金に困ってないけど、色々な理由で会社務めしてる人って案外多いです。

大手のハイヤー会社なら福利厚生も完備されていて、自由時間も多く、残業もほとんどないお客様の担当になれば、そんな人にもピッタリとも言えます。

勤務(拘束時間)中に寝てても、テレビ観てても何も言われない仕事って珍しいですよね。

ハイヤーになぜそんな楽な仕事があるのか?

ハイヤードライバーの仕事には、営業所勤務の他に「委託」と呼ばれる勤務形態があることは以前記事にしました。

委託業務の詳しい記事はコチラ

ハイヤーの委託の仕事では、委託に出て担当した会社の役員が、動くか動かないかで忙しいか忙しくないかが決まります。

もちろん中間というか、普通もあります。

動かない、つまりクルマを使わないからドライバーは仕事をしなくていいのです。

言い換えれば、全く稼ぐことは出来ません。

しかし、それだとやってくれるドライバーがいないので、25万とか、28万とか基本給や最低保証給を設けている会社が多いのです。

クルマを使う役員、使わない役員

一部上場の大手企業の社長や専務クラスを担当すると、朝晩の通勤、取引先との会食、土日はゴルフでクルマを使うので、大変忙しくなり一般的にドライバーの年収は550万~600万を超えます。

常務クラスの役員でも、営業部署の役員を担当した場合は同様の収入を期待できます。

ではどういうケースで「仕事が楽」「稼げない」となるのか?

社長退任後の会長職等が狙い目

多くの企業は、社長や専務の役員を退任すると顧問や相談役などのポストを用意します。

特に社長職を退任した後は会長職に就くことが多いです。

また、相談役や顧問などの執行役員ではない、いわゆる権限のないポストの役員さんの担当になると、接待の会食やゴルフがなくなります。

朝晩の通勤だけで、ほとんど動かないので仕事が楽になるのです。

担当役員の住まいは、自分の家の近くになることが多いですから、朝は自宅近くの駐車場から出庫し、役員宅に迎えに行って会社へ送り、昼間はほとんど待機。

寝てても、読書してても自由です。

夕方は役員宅にお送りし、自宅駐車場へ帰ってくる・・・つまりドライバーは役員宅経由で朝晩に家と会社の往復をするだけでいいのです。

仕事がないので、昼から出勤したり15時に会社を出て帰宅したり、突然3連休したりするのでドライバーは申し訳ない思いだと言います。

本来朝晩だけしか使わないんだからタクシーを使えば良いのに...とも思いますが、大手企業は会社に大きく貢献し退任した役員にも敬意を表し、専用車を用意しているのです。

人気がないので入社1年位でも十分に担当できる!

極端な言い方をすると「クルマで会社の往復をするだけで年収400万貰えちゃう」ということになります。

役員さんは都内だと、港区や渋谷区、目黒区、品川区に住んでることが多く、ドライバーがその近くが住まいなら1日の走行距離はせいぜい10~20キロ、昼間は会社で委託先の会社で自由に過ごして、ごくたまに会食やゴルフへ行くだけでよいのです。

決定権が無いので接待がなくなり、夜の会食も自然と減るし、お年なのでゴルフもなくなります。

こういう役員さんの仕事は稼ぎたいドライバーから人気がなく、みんなやりたがりませんから、自ら希望すれば入社して1年位でも担当させてもらえることも十分にあるのです。

タクシーものんびり働いて楽できるか?

タクシーはハイヤーと違い、待機がありません。

営業所を出たら独りですし、頑張ろうが、サボろうが自由です。

しかし売り上げが極端に悪いと班長に怒られるので、のんびり働けないことはないですが、やりずらいと言えます。

都内23区の大手タクシー会社でのんびり働くことはできませんが、地方や田舎に行けば可能かも知れません。

しかし給料が安く、最低保証給が無いかもしれません。

ハイヤーのんびり月給30万のまとめ

まとめ

◆ ハイヤーには、朝晩の送り迎えが主な仕事で、のんびり働き月給30万貰える仕事が存在する

◆ 待機時間が長いので、空き時間を上手く利用できる人が向いている

◆ 残業や休日出勤がほとんどなく、給料は毎月最低保証給、ボーナスを入れて年間400万程で大丈夫な人

◆ 稼ぎたいドライバーが敬遠し、人気がないので、入社後間もなくでも担当することが可能

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

GU

2017年10月にハイヤー会社に入社、翌2018年4月からハイヤードライバーとしてデビューたGUと申します。ブログを通じて、これからタクシーやハイヤードライバーを目指す方のお役に立てたら幸いです。 このブログを読んで下さった方が、素晴らしい会社と仕事に出会えますように・・・

Copyright© ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.