ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD

ハイヤーとタクシーの仕事内容や給料の違い、勤務実態を徹底比較!ドライバー必見のゴルフ場運転手控室情報や空港・ホテル・主要施設の車寄せのアクセスも動画付で詳しく解説!

車寄せアクセス映像

羽田空港国内線 第1ターミナル|出発階への行き方

更新日:

ハイヤー、タクシーとも、羽田空港へお客様をお送りする機会はとても多いです。

タクシーの羽田空港送迎

タクシーの場合は、街中でも「スーツケースを転がしてる客を狙え!」と言われています。

都内中心部から羽田空港までは昼間でも5,000円、外人観光客などのお客様にあたり羽田でなく、成田なら20,000円オーバーの売上になるからです。

一方ハイヤーの場合は、地方や海外に支店や工場がある大手企業の役員さんなら当然出張が多いので、多い時は月に10回以上お送りしたり、お迎えに行きます。

ハイヤーの羽田空港送迎

成田空港の迎え仕事の記事にも書きましたが、空港送迎の仕事には「送り」と「迎え」があります。

成田空港・送り仕事の記事はコチラ

ターミナルの前でクルマを停めて待てない成田空港と、羽田空港国際線ターミナルの迎えの場合は、駐車場へ車を入れなければならないので面倒ですが、送りは到着したらお客様を降ろすだけなのでとても簡単な仕事です。

羽田空港国内線 第1ターミナルと第2ターミナル

羽田空港には第1ターミナルと第2ターミナルがあり、どちらに送るか迎えにあがるかは、発着する航空会社によって変わります。

第1ターミナルはJALの他、スカイマーク、スターフライヤーの北九州、福岡空港便が発着しています。

第2ターミナルはANAの他、エアドゥ、スターフライヤーの山口宇部、関西空港便が発着しています。

羽田空港・第1ターミナル 北ウイングと南ウイング

羽田空港の第1ターミナルには、北ウイングと南ウイングがあります。

クルマで向かうと手前が南ウイングで、行先で言うと四国、九州、沖縄方面の発着。

南ウイングの先が北海道、東北、関西方面に発着する北ウイングです。

羽田空港・第1ターミナル出発階「北ウイング」送り映像

羽田空港送迎まとめ

◆ 羽田空港には国内線ターミナルと国際線ターミナルがあり、国内線は湾岸線「空港中央IC」、国際線は首都高1号横羽線「空港西IC」も近い。

◆ 第1ターミナルはJAL系、第2ターミナルANA系の航空会社が発着している。

◆ 第1ターミナルには北ウェディング(北海道、東北、関西方面)と南ウイング(四国、九州、沖縄方面)がある。

◆ 迎えの場合、到着階はお客様を待つ為に駐車することが出来ないので、駐車場に入れるか出発階で待つ。

◆ 羽田空港国内線のフライト情報はここで確認 → 羽田空港国内線フライト情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

GU

2017年10月にハイヤー会社に入社、翌2018年4月からハイヤードライバーとしてデビューたGUと申します。ブログを通じて、これからタクシーやハイヤードライバーを目指す方のお役に立てたら幸いです。 このブログを読んで下さった方が、素晴らしい会社と仕事に出会えますように・・・

Copyright© ハイヤー&タクシー・ドライバーブログ|ハイヤーD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.